美容整形する男の心の闇|なぜ、そこまでして美容整形をするのか!?

もはや、お人形。
もはや、サイボーグ化。
整形しすぎて、昔の面影全くなし。
整形しすぎて人間離れした、いいような不自然なようなまで
整形尽くされた顔を持つメンズたち。
美容整形する男の心の闇
なぜ、そこまでして美容整形をするのか!?

お姉だの、オカマなどよりもきになるのが
整形しまくっている男性です。
整形サイボーグで知られるヴァニラさんもさることながら、
男性でも美容整形にお金をかけてサイボーグ化している男の子を発見。

アレン君の登場には少し驚きました。
彼の場合は、20歳という若さですでに1500万円以上もの
投資をして整形しまくったというんですから。
どっからそんな資金が出たのかは、定かにはなりませんでしたが、
こっちを治せば、あっちが気になる。
ここも気になれば、アソコも治さなきゃ。。。

てな具合で、ドンドン整形していって現在の姿になったそうですが、
1500万円も変えて整形してもまだ気になるところは
沢山あるといっていました。
小鼻のふくらみがどうだとか、唇の形がどうだとか
厚みがどうだとか、
些細なことでもとても気になるようでした。
そんなことを聞いているうちに、どうやら心に闇があるらしい。
そう思わざる負えませんでした。
アレン君の心の闇。。。
小学校の時にいじめを受けていたという本人の言葉ありました。
容姿的にナヨナヨしていたことから、
カラカワレタリなどのいじめの対象となってしまった。
そのことから、容姿に自信を持てず、
整形をして完璧になっていつか見返してやりたい。
そう思ったそうです。
そんな幼少時の体験から、ここまで美容整形にこだわる
男の子になってしまったということでしょうか。
にしても、やりすぎだと思うのですが。。。

それとも、完璧主義者というんでしょうか、神経質になりすぎているんでしょうかね。
でも、完璧ってどこにあるんだろうって凡人の自分なんかは感じてしまいます。

完璧の水位が一般人とは違う。
完璧が分からない?
あっちもこっちもという意味では、強迫観念も抱いていると
言えそうです。
そうなると、精神的な病気との考え方もありますね。
どちらにしても、整形に1500万円もかけるのは
心の闇というよりも、もう精神的な病気だと思えます。

もともと、とてもナイーブで神経質なお子さんだったのかな。
そう思うと、小学校の時のあのいじめさえなければ
と、考えてしまいます。
あのいじめさえなかったら、
普通のお洒落を楽しむ健全な心を持った
青年になっていたのかも。
子供のやることって、罪深いですし、
幼少期の思い出って大人になっても反映させてしまうとは。
大人のケアが大事だったのか、と思うと
大人である自分たちの教育の仕方やホローの仕方にも気を配っていかないといけないということか。

アレン君のように美容整形をそこまでするのか?!
という男の子を見たとき。
自分は自分。
と、自分の良さを生かした
生き方ができる子供に育てたいと、
ふと親として考えさせられました。